後藤佑紀 – 富士レポート3

みなさんこんにちは!

2020年KeePerエンジェルズのきのちゃんこと後藤佑紀です!

 



わたしたちはGT500クラスに参戦する、
#37 KeePer TOM'S GR Supraを
応援しています!

ドライバーは去年に引き続き、平川亮選手、ニック・キャシディ選手のコンビです。


さて今回はSUPERGT Rd.5@富士スピードウェイ

富士は1.5kmのホームストレートもあり、ウエイトハンデが効きやすいとされるコース。

シリーズランキング3位の37号車 KeePer TOM'S GR Supraはウエイトハンデ76kg(燃リス2段階、車載ウエイト42kg)を積んでの参戦です!どうなるのか、、!


予選の担当ドライバーはニック・キャシディ選手。

5戦目ということで他マシンもウエイトハンデが効いているところもちらほら。

予選は残念ながらQ1突破できず、11番手でフィニッシュとなりました。かなり重そうです(´;ω;`)


いよいよ決勝!今回から観客を動員しての開催と言うことで、TOM'Sからはわたし達KeePerエンジェルズも現地へ駆けつけました(^^)

久しぶりのサーキットは人数制限こそあるものの沢山のお客様がいて、マシンの大きな音が聞こえ、ようやくここに来れたと感慨深いものがありました(´;ω;`)

そして人生初のグリッドボードを担当させて頂きました、、!とても緊張しましたがたくさんのマシンが並ぶ中、37号車が目の前まで向かってくる感動は他の何者にも変え難いものでした(´;ω;`)嬉しい(´;ω;`)

 



そして迎えた決勝。スタートドライバーはニック・キャシディ選手。11番手でのスタートです。

1lap、他マシンの接触によりSCが入ります。

スタートで37号車は11番手から7番手に浮上、、!(あっという間すぎて追えなかったです)

そして一度は8番手になりますが、その後17lapで他マシンのドライブスルーペナルティにより再び7番手に浮上、、!

 

 


18lap、スリーワイドバトルが繰り広げられます!なんとかここで番手をあげて欲しいところ(´;ω;`)
、、、バトルを制し、5番手へと浮上します!お見事!この一言に尽きます。
76kgものウエイトハンデとは到底思えない走りです、、!

28lap、ピットインをしてドライバーは平川亮選手へ!

そしてなんとここで実質2番手へ!!

41lap、変わらず2番手を走る37号車。1位との差を4秒まで詰めます、、、!

 



しかし残り10lapで5番手に(´;ω;`)

その後4番手に浮上して、無事フィニッシュ!チェッカーを受けました!

 



優勝もありうる程の走りだったので少し残念ではありますが、今回はウエイトハンデ積んでる、、?な走りで着実に順位を上げてのフィニッシュはお見事でした!!

そしてシリーズランキングは2位へ!

他マシンもウエイトハンデが重くなっていき、チャンピオン争いも激しさを増しています、、、!

次戦は10/24.25SUPERGT Rd.6@鈴鹿サーキット!引き続き皆様の熱い応援をよろしくお願い致します!

 

 

 

KeePerエンジェルズ

後藤佑紀
 

キーパーエンジェルスレポート
2020 series
    2019 series
      2018 series
        2017 series