小嶋みやび – 富士レポート

みなさんこんにちは!

2020年 KeePer Angelsを務めます、小嶋みやびです。
1年間よろしくお願い致します(^^)

 


待ちに待ったSUPER GT第一戦が、7月19日富士スピードウェイにて開催されました!

コロナの影響で無観客レースとなる為、私達レースクイーンは現地に行くことはできませんでしたが、TOM'Sレースクイーン全員で集まりリモート観戦できる場を作っていただきました!
その様子を生配信していたのですが、たくさんの方に見ていただき一緒に観戦している気持ちになれて楽しかったです(^^)コメントもありがとうございました。

今回のレースは無観客での開催となりましたので
1日目(土曜)にテスト走行、
2日目(日曜)に予選と決勝を行うという
通常と異なるスケジュールでした。

今年からマシンが昨年までのLEXUS LC500からTOYOTA GR Supraに変わり、個人的にもレースが始まるのを楽しみにしておりました!

予選、私たちが応援するKeePer TOM’S GR SupraのQ1はニック・キャシディ選手が担当し、4番手のタイム無事突破!
Q2は平川亮選手が担当。
じっくりとタイヤを温めて渾身のアタック!

目まぐるしく変わるトップタイムの中、37号車のマシンがトップタイム!
37号車を上回るマシンが現れず、開幕戦見事ポールポジションを獲得!!

レースクイーン一同大盛り上がりでした!!


そして興奮冷めやらぬまま、続いて決勝です…!
現地の天気は晴れ!気温も高くなっていたそうです!

 

スタートドライバーを担当するのはニック選手。
落ち着いたスタートでトップを死守
ただ1Laps目に他マシンのクラッシュがあり、セーフティーカーが入ります。

セーフティーカーランを終え、再スタート!
後続のマシンによる攻めをかわしトップを守り
先頭を走ります。

300クラスのマシンを交わしながら2位との差を広げつつ、
32Lapsでピットイン。平川選手に交代します。

その後も平川選手の走りは好調で、38Lapsでは2位との差はなんと24秒!

しかしそこでコース上に停まってしまう車両が発生した為、再度セーフティーカーが入ります。

24秒の差がセーフティーカーの関係で2位との差は無くなり、なんとも惜しい展開ですが、そのまま走り切ることを信じて画面を見つめる我々…

セーフティーカーランの後、再び平川選手は後続車を離す為猛プッシュ!2位との差を広げていきます。

その後も37号車は圧倒的な速さで先頭を独走!

そして迎えた66Laps、一度もトップを譲らず1位でチェッカーを受けました!!!
 


開幕戦で37号車KeePer TOM’S GR Supraが見事ポールトゥウィンを達成!

盟友の36号車とワンツーフィニッシュ!
歴史に残るこれ以上ない最高の結果となりました!

 



私達のリモート観戦会場も歓声が沸き、
久々にレースの面白さ、ゴールした時の高揚を体感できました。

喜びが大きい分、現地で観戦できなかったことが悔やまれますが、、
またサーキットに立てる日がより一層楽しみになりました(^^)


次戦の8/8,9 富士スピードウェイも無観客開催となりますが、
引き続き37号車 KeePer TOM'S GR Supraの応援よろしくお願い致します!

 


KeePerエンジェルズ
小嶋みやび

キーパーエンジェルスレポート
2020 series
    2019 series
      2018 series
        2017 series