中村このみ – DTMレポート

 

みなさん、こんにちは!

11月23.24日に行われた
SGT×DTM特別交流戦in富士スピードウェイ!

 



SUPER GTは土曜に予選、日曜に決勝というスケジュールで基本的に2人のドライバーで走る

耐久レースに対し、DTMは、土曜と日曜にそれぞれ予選と決勝を行う2レース制です。

決勝は約1時間で、ドライバーは1人です。

また、複数社がタイヤを開発・供給しているSUPER GTに対し、

DTMではハンコック社がワンメイク供給をしているのも特徴です。

そんないつもとは少し違うDTMのレース。
1日の中に予選と決勝が行われるので、1日に訪れるドキドキがいつもの2倍でした!

土曜日のレース1、KeePer TOM’S LC500は
ニック・キャシディ選手が担当です。

小雨の降るウエットコンディションの中行われた予選。

ニック・キャシディ選手がが1分41秒827でトップタイムに立ち、そのままポールポジション獲得!

唯一の1分41秒台でした!この後の決勝も期待が高まります!

 



そして迎えた決勝、2×2フォーメーションのインディ式でスタート!

SUPER GTとは違い、隣同士の車間が狭く、ヒヤヒヤドキドキでした。
これもDTMならではですね!

そんな中、トップをキープし爽快に走るニック選手!順調な走りを見せてくれました!

その後30周時点でセーフティカー導入され、再びスタートはインディ方式。
近すぎて何か起こってしまわないかと、ヒヤヒヤしつつ見守ります。

ですがニック選手、ここでも素晴らしい走りでトップをキープ!!!
そのままトップでゴールし、見事1位でのゴール!!!!

おめでとうございます!!!
素晴らしかったです!!!

 



そして翌日はレース2。平川亮選手が担当です。

この日もウェットコンディションで行われた予選。平川選手は9位!
決勝は9番手からのスタートとなりました。

そして迎えた決勝、
路面はドライでのスタートとなりました。
昨日と同じくインディ方式でスタート!

この日のレースはとても荒れていて…途中セーフティーカーが3回も入り、

多重クラッシュも発生する、とても緊張感の走るレースとなりました…。

そんな中、平川選手、無事に8位フィニッシュとなりました!

続くクラッシュを見て、すごく心配だったので、無事ゴールすることが出来て、

本当に良かったです…。

今回のDTMは、SUPER GTとは異なるところが多く、同じレースでも、全然違うのだな…と

感じました!皆様本当にお疲れ様でした!

 



そして今回のDTMでKeePer Angelsとして
KeePer TOM’S LC500の応援をするのは、最後のレースとなりました。

最後の最後までかっこいいレースを見せて頂き、37号車のチームの一員として

応援させて頂けたこと、すごく嬉しくて幸せでした。
感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

最後まで感動をありがとうございました!

 

 

2019キーパーエンジェルズ

中村このみ

キーパーエンジェルスレポート
2019 series
    2018 series
      2017 series