KeePer TOM’S 1号車 大逆転で今シーズン初優勝!シリーズランキングトップで、決戦の地もてぎへ!  

2018 SUPER GT 第7戦 「2018 SUPER GT Round 7 AUTOPOLIS GT 300km RACE」

予選:2018 年 10 月 20 日(土)
決勝:2018 年 10 月 21 日(日)

 

スーパーGT 第7戦『2018 SUPER GT Round 7 AUTOPOLIS GT 300km RACE 』が、
大分県にあるオートポリスサーキットにて行われた。

快晴のもと行われた20日(土)の公式予選。
前戦の菅生大会にて圧倒的な強さを見せた、NXS勢の勢いは衰えを見せず、
予選上位を席巻する中、KeePer TOM’S 1号車は、
予選Q1を平川亮のスーパーアタックで3位にてQ2進出。
予選Q2もさらにギアを上げたNSX勢に割って入り、5番手ポジションを獲得。
NXS勢の中にTOM’Sの1号車と36号車が挟まれるようなポジションで、
決勝をスタートすることとなった。

予選日同様快晴のもと迎えた21日(日)の決勝レース。
気温17℃、路面温度35℃と絶好のレース観戦日和に、
近隣道路が大渋滞を起こす程、たくさんのお客様が見守る中、
スーパーGT 第7戦 九州オートポリス大会300km(65周)レースがスタートした。

 


ウエイトハンディが半分になったといえ、まだまだハンディを抱えた状況にも関わらず、スタートドライバーのニック・キャシディは、前を行くNXS勢に猛然とアタック。
シリーズランキングトップのNSX 100号車と、スタート直後からデッドヒートを繰り広げる。
スタート前から、KeePer TOM’Sのピット前を、
100号車のジェンソン・バトン選手が何度も見に来る程、
ライバル視されているのは明らかで、相手も必死の攻防戦が続く。

6周に渡って行われ、前を塞がれたものの、ニック・キャシディの
見事なテクニックによって4位に浮上すると、
追撃の手を緩めず前のNSXを追い続ける。
20周目の周回時にGT300クラスのコースアウトによって、
セーフティーカーが導入される。
5周に渡った回収作業も終了し、25周目にリスタート。
再び前を行くNSX 8号車と17号車を追い続けるが、
2台でのブロックは流石に容易には崩せず我慢の走行が続く。

 


そこでチームは最善のタイミングを狙い、
前を行くau 36号車とKeePer 1号車の同時ピットインを敢行。
完璧な作業で2台を送り出し、NXS勢の前に出ることに成功する!
実質トムスの1-2体制にてレース後半に突入。

 


チームメイトであろうとも、決して追撃の手を緩めない平川亮は、
36号車がタイヤカスを拾って、若干ペースが落ちたタイミングを逃さず、
見事オーバーテイクに成功!トップへ浮上する。

 


その後、36号車の追撃を受けるも、予選5番手から大逆転で今シーズン初優勝。
シリーズランキングも、14ポイント離されていたNSX 100号車と同ポイントでトップになり、
11月11日(日)ツインリンクもてぎで行われる最終戦にて、
2年連続シリーズチャンピオン獲得に挑む。

 

 

TOPへ戻る