KeePer TOM’S 1号車ウェイトハンディ何の其の2位表彰台でシリーズランキングTOPへ!  

2018 SUPER GT 第5戦 「2018 SUPER GT Rd5. FUJIGT 500mile RACE」

予選:2018 年 8 月 4 日(土)
決勝:2018 年 8 月 5 日(日)

 

予選結果より7番手のポジションでスタート!

スーパーGT第5戦「2018 SUPER GT Round5 FUJI GT 500mile RACE」が、静岡県にある富士スピードウェイにて行われた。今年の猛暑は標高500mの地にある、富士スピードウェイにおいても例外では無く、前日に行われた予選は、気温31℃、路面温度は44℃、湿度57%と東京や関西圏に比べれば数字的には低く見えるが、気温30℃を超えることが比較的少ないこの富士スピードウェイにとっては、体感的には数字以上の高温となった。GT500全車で、4番目に重たいウェイトハンディを課せられているKeePer 1号車。15台中8台しか予選Q1を突破できない中、エースの平川亮がスーパーラップで見事Q2進出を果たし、予選Q2ではニック・キャシディーの懸命なタイムアタックで、決勝を7番グリッドからスタートすることとなった。

 

 


GT-Rをパスし、再び順位を4番手に上げる!

恒例の静岡県警の白バイとパトカー先導のパレードラップののち、フォーメーションラップを経てSGT初の富士500mileレース(約800㎞、177周)がスタートした。スタート時のまだ熱の入っていないタイヤで、毎レース高パフォーマンスを見せるスタートドライバーのニック・キャシディーは、今大会も絶好調!スタート直後に1台をパスし6番手に上がると、58㎏のウェイトハンディを全く感じさせない走りで、ライバルをどんどんパスし、9周目には4番手まで順位を上げる。その後5番手のライバルとの接戦を繰り返しつつ、37周目に予定通りのピットイン。メカニックの安定した作業で、ドライバーを平川亮に代わって再度コースインし、全車ピット終了後には5位のポジションにてレース再開。初めての800㎞レースということもあり、マシン、タイヤをいたわりつつもポジションをキープしなければいけないという
難しい状況の中、懸命なドライビングを続ける。 気温も36℃まで上昇し、
マシン、ドライバーへの負担も増してくる中、果敢に前を追う平川亮は
67周目に前を行くGT-Rをパスし、再び順位を4番手に上げる。

 

 

第4スティントで3番手へと順位を上げることに成功!

レーススタートから、約2時間を経過した76周目に2回目のピットイン。
メカニックの迅速な作業を終え、ドライバーを再びニック・キャシディーに交代しレースを再開。 3位までポジションをアップしてコースに復帰したが、前を行くウェイトハンディの少ないau TOM’S 36号車とのバトルを経て4位のポジションで走行を続ける。 113周周回時に3回目のピットイン、ドライバーを平川亮へと交替し4スティント目のコースへと送り出した。ウェイトハンディの少ない、GT-Rの後方で塵を拝していたが、タイヤの使い方などから徐々に後退していき、このスティントで3位へと順位を上げることに
成功!残り1回のピットストップを残すのみとなった。

 

GT-Rが緊急ピットインを余儀なくされた影響で2位へと浮上!

迎えた147周目、時刻は17時30分とレーススターから4時間近くになったところで、最後のピットストップに入ったKeePer 1号車。今レースでは3回のピットインをミスなくマシンをコースへと送り返したメカニック。今回のピットインもミスなく作業を終え、3位のポジションで177周のゴールへと向かった、その直後!トップを走るGT-Rにトラブルが発生!緊急ピットインを余儀なくされた影響で2位へと浮上。1位au TOM’S、2位KeePer TOM’S とTOM’S 1-2体制へとなる。

 

 

 

auTOM’sに7ポイント差をつけてランキング1位へ!

レーススタートから約5時間、ドライバー、チーム、マシンが総力を結集して挑んだSGT史上初の富士500mileレースもいよいよゴール時を迎えた。 58㎏のウェイトハンディを課せられながらも、予選のポジションとスタート直後のニック・キャシディーの頑張りの結果、ラップタイムの近いマシンの前でレースを行えたことが、自らのペースでレースを行えた最大の要因となった。 今回の2位表彰台獲得によって、シリーズランキングも2位のau TOM’Sに7ポイント差をつけてランキング1位へと上がり、残り3戦の勝負に挑む。目指すはV2!

 

 

TOPへ戻る