2周目にトップを奪取!トップを守りきり開幕戦を制す! Rd.1 決勝 「OKAYAMA GT 300km RACE」
 

2017 SUPER GT 第1戦 「OKAYAMA GT 300km RACE」岡山国際サーキット

決勝:2017 年4 月9 日(日)天候: 曇り時々晴れ

 

LEXUs TEAM KeePer TOM’S 37 号車は、岡山国際サーキットで行われた2017 スーパーGT 第1 戦の決勝を3 番手グリッドからスタートし、レーススタート2 周目にトップを奪取しそのままトップを守りきって今シーズンの開幕戦を制した。

  • ニック・キャシディーがスタートドライバーと務めた。最初のフォーメーションラップ中にポールポジションのマシンがストップしてしまって、スタートはやり直しとなり、周回数も1 周減算81 周となった。ポールシッターが居なくなったので、実質2 番手から再スタートとなった。
  • 1 周目ヘアピンコーナーでキャシディー(ニック)が果敢にトップを奪った。しかし、その際にタイヤをロックさせてフラットスポットができてしまった。その後ブレーキングの難しさとストレートにおける大きなバイブレーションに悩まされながらトップを守り切った。
  • 36 周してピットイン。クルーの迅速な作業で首位をキープしたまま再び平川 亮がコースイン。
  • 2 位の6 号車、同じくLC500 のアンドレア・カルダレッリが猛追してきてテールto ノーズのデッドヒートが何周もの間続いたが平川(亮)は落ち着いて抑えきりトップでチェッカードフラッグを受けた。

 

 

Drivers Car No. Race Result / Fastest Lap
平川 亮 37 P1 1:20.291
ニック・キャシディー 1:20.360
天候 曇り時々晴れ/ドライ
気温 / 路面温度 気温:19-14 度C / 路面温度: 26-18 度C
  • 平川 亮(37 号車ドライバー)

    「まずは、開幕戦で勝てて嬉しいです。ニック(キャシディー)がトップに立ってくれて、バイブレーションに苦しみながらあれほど素晴らしい走りをしたのだから自分が順位を下げることは許されなかったです。ブレーキの調子が完全では無かったのですが、何とか最後までライバルを抑えきることができました。ニック(キャシディー)とチームのみんなのサポートで勝つことができました。有り難うござぁいます」

    ニック・キャシディー(37 号車ドライバー)

    「最高のかたちで自分にとってのGT500 クラス初優勝を飾ることができました。嬉しい。正式なスタートが切られるまでにハプニングもありましたけれど、集中を切らすことなくトップに立つことだけを考えていました。最初が勝負だと決めていたのでチャレンジした。レイトブレーキでタイヤをロックさせてしまって大きなフラットスポットを作ってしまって、その後はもの凄いバイブレーションに苦しんだけれど、トップを守れた。そして亮(平川)の完璧なドライブで勝てた。ア・リ・ガ・ト・ゴ・ザ・イ・マ・ス」

  • 小枝 正樹(37 号車エンジニア)

    「開幕戦で勝つことができて、嬉しいです。今回の勝利は、ドライバー二人の素晴らしいドライビングによって得られたということに尽きますね。マシン、LC500 のポテンシャルの高さ、タイヤも良かった。しかし、それ以上にドライバー達が凄かった。セッティングがまだ100%ではない部分を補ってくれました。今回はドライバーさん達に感謝です」

    関谷 正徳 (37 号車チーム監督)

    「何度となく赤旗が出されてレースが中断されたレースの中で、チームとドライバーがんばって勝ち取った1 勝ですね。ニック(キャシディー)がトップに立ち、それをピットクルーが確実な作業で順位をキープして送り出し亮(平川)が最後までトップを守りきった。素晴らしい。本当に素晴らし。そして、最後までレースを見守っていただいたファンの皆様に御礼を申し上げます。有り難うございました」

 

TOPへ戻る