KeePer TOM’S 1号車ウエイトハンディを跳ね返し!確実にポイントゲット! Rd.2 「FUJI GT 500km RACE」

2018 SUPER GT 第2戦 「FUJI GT 500km RACE」富士スピードウェイ

予選:2018 年 5 月3 日(木)
決勝:2018 年 5 月4 日(金)

 

予選結果より9位のポジションでスタート!

極寒の開幕戦岡山大会から約3週間、初夏を思わせる天候の下スーパーGT第2戦、ゴールデンウイーク恒例の富士500kmレースが静岡県の富士スピードウェイにて開催された。 しかし、2日(水)の夜中から3日(木)の朝方まで降り続いた豪雨の影響で午前中に行なわれる予定のフリー走行とサーキットサファリが中止になり、予選の方式もQ1、Q2 のノックアウト方式から20分間の一発勝負となった。 予選にはエースの平川亮がステアリングを握ったが、やはりウエイトハンディは重くのしかかり、さらにアタックラップにラップタイムの遅いマシンに詰まってしまい万事休す。 結果的にはハンディウエイトが重いマシンの中では最上位であったが、9位という不本意なポジションからのスタートとなってしまった。

 

 


22周目には順位を挽回!スタートポジションへ!

 

迎えた決勝日、若干風が強く吹くものの朝から好天に恵まれ55,000人の大観衆が見つめる中、500km、110周のレースがスタートした。 今回は2回のピットストップがあることからエースの平川亮がスタートのステアリングを握る、序盤はウエイトハンディの軽いマシンの先行を許すつらい戦いが続くが、徐々にペースを上げ22周目には順位を回復しスタートポジションに戻した。

 

 

45周目でオーバーテイク!6番手に浮上!

35周目に予定通りピットイン、タイヤ交換と給油を行いドライバーをニック・キャシディーへと交代しレースを再開した。 全てのマシンがルーティーンのピットインを終了した時点では、順位を8位に上げ、さらにペースアップ、43周目の1コーナーではジェイソン・バトンがドライブする100号車をパスし7位まで順位を上げさらに前を行く8号車NSXをテールツーノーズで追い続け、 45周目のレクサスコーナーでNSXのイン側に飛び込みオーバーテイク、6位に順位を上げる。74周目ルーティーンのピットインを行い、タイヤ交換と給油を行いドライバーを再び平川亮へと交代し、110周のゴールを目指す。

 

最終順位は7位でフィニッシュ!

 

最終スティントン終了時点でも6位の順位をKeePしてさらに前を狙うKeePer TOM’S 1号車であったが、思ったほどペースが上がらず我慢の走行が続く。 残り2周のところでGTRに抜かれ最終順位は7位となってしまったが、22kgのウエイトハンディを課せられながらも確実にポイントを稼ぐことが出来たレースであった。 シリーズランキングもLEXUS勢のトップタイの4位にて再来週5月19、20日に行なわれる、KeePer技研の地元レースでもある鈴鹿大会に挑む!

 

 

 

 

 

TOPへ戻る