6位入賞で鈴鹿1000kmに弾みをつける! Rd.5 「FUJI GT 300km RACE」

2017 SUPER GT 第5戦 「FUJI GT 300km RACE」富士スピードウェイ

決勝:8月6日(日)コースコンディション:Dry

 

真夏のスーパーGTレース3連戦の2戦目、富士GT300kmレースが静岡県の富士スピードウエイにて行なわれた。
台風5号の影響が心配された今大会であったが、雲は多く湿度も高い中ではあったが、雨は降らずにレースは無事に開催された。

 

8月5日(土)時折日差しがさすものの概ね曇り空、気温25℃と例年より少し低めの天候の中、 午前中に行なわれたフリー走行では全体で2番目に重いハンディーを課せられているにも関わらず、 総合2番手タイムを叩き出し相変わらずマシンの仕上がりの良さを感じられたが、前戦の菅生大会でも同じようにフリー走行は好調だったにもかかわらず、 予選では苦しい戦いを強いられたので諸手を挙げて喜んではいられなかった。
午後に行なわれた公式予選Q1に挑んだ平川亮は予想を覆し、見事3番手タイムを叩き出しQ2進出を果たすが、 Q2に挑んだニック・キャシディーが0.3秒をロスするミスが響き翌日の決勝レースは7番手からのスタートとなった。

 

アグレッシブにコントロールしスタートポジションを確実に守る

 

気温29℃と昨日の予戦日よりさらに気温、湿度とも上がって迎えた決勝レース、 スタートドライバーのニック・キャシディーは重たいマシンを慎重かつ、アグレッシブにコントロールしスタートポジションを確実に守りながらも 前のマシンに隙があれば果敢に攻め続けながら順調に周回を重ねていく、 24周周回時から上位を走行するマシンがピットインをし始めた26周目、KeePer TOM’S LC500もルーティーンのピットイン、 タイヤ交換と給油を終えステアリングを平川亮に託しレース再開、猛然とプッシュした結果、 クラッシュしたマシンの影響もあり全車がピット作業を終了した時点では5番手まで順位を上げていた。

 

 

テールトーノーズのギリギリのバトル

41周を周回した頃には予戦3番手のチームメイト36号車に追いつきテールトーノーズのギリギリのバトルが続いたが、 プロドライバー同士のクリーンなバトルが展開され、接触などもなく66周のゴールをめざした。 残念ながら、最終ラップに後続のマシンにパスされ6位へとポジションを下げてしまったが、 5位フィニッシュでは次戦の鈴鹿大会で燃料リストリクター(ランクが1~3まであり、1→2→3と燃料の供給量が少なくされてしまうハンディー) ランクが今大会と同じランク2のまま鈴鹿大会に挑むことになった。
夏休み最終週に行なわれる、伝統のインターナショナルポッカ1000kmレース、スーパーGTのレースとしては今年で最後となるこの真夏の3連戦の締めくくり、 KeePerの地元サーキットといっても過言ではないこの大会、シリーズチャンピオン獲得に向け非常に重要なレースに全力で挑みます、
皆様の応援よろしくお願い致します。

 

 

TOPへ戻る