KeePer TOM’S 1号車 ウェイトハンディに苦しみ無念のクラッシュ、ポイント獲得ならず!  

2018 SUPER GT 第6戦 「2018 SUPER GT Round6 SUGO GT 300km RACE 」

予選:2018 年 9 月 15 日(土)
決勝:2018 年 9 月 16 日(日)

 

予選結果より9番手のポジションでスタート!

スーパーGT第6戦「2018 SUPER GT Round6 SUGO GT 300km RACE 」が宮城県にあるスポーツランドSUGOにて行われた。 雨予報で迎えた予選日も午前中で雨が止み、ドライコンディションで迎えた予選Q1。シリーズランキングトップで迎えた今大会、当然ながらウェイトハンディも最も重く苦戦が予想された。 しかし、平川 亮の猛アタックで予選は好調のまま進み、このままいけばQ2進出か!と思われたアタックラップ中に他のマシンがクラッシュ。赤旗中断となってしまう。 タイヤのベストコンディションのタイミングを逃してしまい、ウェイトハンディに加え更に苦しい状況の中、残り2分45秒での予選再開後に必死のタイムアタック。 しかし、惜しくも8位と0.017秒差で9位となり、予選Q2進出を逃してしまい決勝レースは9番手からのスタートとなった。

 

 


13位にまでポジションを落としてしまう!

宮城県警交通機動隊のパレードラップの後、フォーメーションラップを経てスーパーGT第6戦 SUGO大会 決勝(81周)がスタートした。最大のウェイトハンディを課せられ苦しい状況の中、スタートドライバーのニック・キャシディは抜群のマシンコントロールでポジションをキープ。
状況としてはポジションキープが精一杯かと思いきや、8周目にはポジションを一つ上げ8位。さらにポジションアップを狙うニックであったが、コース幅の狭いSUGOサーキット、混戦の中でのバトル中にライバルと接触。
外見的には大きな損傷が見られないが、ペースが上がらない苦しい状況に
追い込まれてしまう。 レースが進むにつれて徐々に順位を落としてしまい、
13位にまでポジションを落としてしまった。

 

 

苦しいドライビングが続き、14位に落としてしまう!

苦しい状況の中、チームはタイヤ交換に勝機を見いだすべく、ドライバー周回制限ギリギリの28周でピットイン。 タイヤ交換と給油を行い、ドライバーを平川 亮へと交替し再度コースイン。平川は残り53周のロングスティントのドライブとなった。 しかし、ピットアウト後も状況は好転せず、苦しいドライビングが続きポジションを14位に落としてしまう。

 

トップから5周遅れの14位にてレースを終える!

68周目にGT300クラスのマシンがクラッシュした為、セーフティーカーが導入される。 クラッシュ車両の回収が終了し、残り6周にてレースが再開したが、その翌周の第4コーナーで6号車からの接触によりコースアウト。 スポンジバリヤにマシンがクラッシュしてしまった。完走扱いにはなったがトップから5周遅れの14位にてレースを終えることになってしまった。 シリーズランキングはLEXUS勢トップではあるが、総合ではトップとの差が14ポイントの3番手。2年連続シリーズチャンピオン獲得のチャンスは、まだまだ十分にある。

 

 

 

 

 

TOPへ戻る