KeePer TOM’S RC F 屈辱のゼロポイント!Rd.7「SUPER GT IN KYUSHU 300KM」

 
 

2015 SUPER GT 第7戦 「SUPER GT IN KYUSHU 300KM」オートポリス

決勝:11月1日(日)コースコンディション:Dry

 

スーパーGT第7戦が10月31日から11月1日の二日間に亘り、大分県日田市のオートポリスにおいて開催された。
37号車KeePer TOM’S RC Fは、第6戦までのポイントが36ポイントということで、通常のルールならポイント数×2倍、すなわち72kgのハンディキャップ・ウエイトを搭載しなければならないが、本大会はハンディキャップ・ウエイトが半減されるために36Kgのウエイトとなる。この重量はレースに対する影響が少なくなるため、シリーズランキングを大きく伸ばすレースとして注目されたが、予選、決勝と不本意な結果となってしまい、ポイントを加えることができず、チャンピオン争いから脱落する結果でレースを終えた。

 

 

《10/31 予選》

 

午前中の公式練習走行においてKeePer TOM’S RC Fは二番手タイムを刻み、ハンディキャップ・ウエイトの影響がないことをアピールして午後の予選に望んだ。予選Q1は気温12℃、路面温度が25℃という寒さの中で行われた。15分間で行われるQ1でコースインするマシンは無く、残り7分30秒となったところで各マシンが動き出した。KeePer TOM’S RC Fは残り7分20秒となったところで動き出す。Q1のドライバーはアンドレア・カルダレッリ選手。路面温度は予想よりは低く、タイヤを温めるのに十分時間をかけてコースの状況を確かめる。タイヤが十分温まったとはいえないが3周目にアタックに入る。1’34.812のタイムは刻むものの、トップのマシンは1’33秒台の前半である。再度アタックをしたいが、KeePer TOM’S RC Fは既にチェッカーを受けている。Q2に進めるマシンはタイム上位8位までである。KeePer TOM’S RC Fは残念ながら15位となり、午前中の好調さをアピールすることができず予選を終えた。

 

 

《11/1 決勝》

 

オートポリスは秋というより初冬の様相を呈する気温14℃、路面温度17℃という曇り空の下、「Super GT in KYUSYU 300km」のレースが14時07分50秒にスタートした。スタートドライバーはアンドレア・カルダレッリ選手。スタートから果敢に攻めたカルダレッリは順位をひとつ上げて1周目を終え、15周目には12位へ、19周目には11位へ、そして25周目には9位まで順位を上げる。その頃より霧雨が降り出し、30周目には大粒の雨が降り出すものの路面を濡らすまでには至らず、32周目にルーティンのピットイン。ドライブを平川亮選手に交代した上、タイヤも4輪をドライタイヤに交換。約50秒のピットストップでコースに復帰。思いの外時間を要し、14位でコースに復帰する。35周目には12位、40周目には11位まで順位を挽回するものの、52周目に300クラスの軍団に巻き込まれて行き場をなくしたKeePer TOM’S RC Fは13位まで順位を落としてしまう。61周目に12位まで順位を挽回したものの、それ以上順位を上げることなく12位でチェッカーを受ける。事実上、チャンピオンの芽はなくなってしまったが、それでも最終戦では諦めることなく良いレースを展開してほしい。

TOPへ戻る