KeePer TOM’S 1号車、惜しくもV2ならず、シリーズランキング2位で今シーズンを終える。  

2018 SUPER GT 第8戦 「2018 SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」

予選:2018 年 11 月 10 日(土)
決勝:2018 年 11 月 11 日(日)

 

スーパーGT第8戦「2018 SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」が、
栃木県にあるツインリンクもてぎにて行われました。
雲一つない絶好の行楽日和に、たくさんのお客様が来場し、
通常はオーバルコースとなっている場所に設置された、
仮設のヴィクトリースタンドも、満員のお客様で埋め尽くされた。
毎戦恒例となっている、このヴィクトリースタンドにある「KeePerファンシート」にも、
今大会220名もの方々が、KeePer TOM’S 1号車の応援に駆けつけてくれた。

 


前日に行われた公式予選では、ライバルのNSX勢が、第7戦のオートポリス大会同様、
圧倒的な強さを見せた。
KeePer TOM’S 1号車の前に4台のNSXが入り、決勝は6位からのスタート。
同ポイントでライバルのNSX 100号車は予選2番手で、前後3台のNSXに囲まれる、
万全の体勢からのスタートとなった。

 


気温20度、路面温度29度と、この時期としては暖かい気温で迎えた決勝レース。
栃木県警交通機動隊の先導によるパレードラップの後、
フォーメーションラップを経て決勝レース(53周)がスタート。

 


スタートドライバーのニック・キャシディは、
1周目の第1コーナーで早くも前を行くNSX 17号車のイン側に入り、
オーバーテイクに成功。
順位を5番手に上げ、さらに前を追う抜群のスタートを切る。
しかし、その後は安定した速さのNSX勢に前を塞がれ、
なかなか順位を上げられない状態のまま周回が進む。

 


20周目を迎えたあたりから、徐々にピットインをするマシンが出始める。
そんな中、ライバルのNSX 100号車と、
KeePer TOM’S 1号車が表示上の順位で1位と2位の状況となり、
お互いの様子を見守るようにレースは進む。
30周目にNSX 100号車がピットイン。
それを見た、KeePer TOM’S 1号車も同時にピットインし、
100号車より約1秒早くピット作業を終えコースに復帰。
ステアリングをエースの平川 亮に託す。

 


ピットアウトのタイミングが悪く、ピット作業終了後
NSX 100号車との間には、4台のGT500のマシンが入ってしまう。
そんな状況の中、平川は前を行くマシンを次々とパス。
37周目には4台すべてをパスし、NSX 100号車の後ろに。
タイム差は約8秒、残り周回数は16周。
周回ごとにタイム差を詰めていく平川は、44周目にはタイム差を0.8秒まで詰め、
テールトゥノーズの状態までNSX 100号車を追い詰める。
しかし、地力に勝るNSX 100号車は、近づくとペースを上げ、
離れるとペースを落とすという走り。

 


対照的に、ここまで全力で追いついてきた平川は、タイヤの状態も苦しくなり、
差を詰め切れない状況のまま迎えた、最終ラップ。
あと1秒の差が詰め切れず、4位にてレース終了。
残り5周は、息着く間もない程の緊迫した攻防戦、
これぞGTレースという素晴らしい戦いであった。
NSX 100号車に、惜しくも3ポイント届かず、
シリーズランキング2位にて2018年シーズンを終えた。

 


2018年も、シリーズを通してたくさんの皆さまと一緒に、
#1 KeePer TOM’S LC500を応援できたこと、大変感謝しております。
1年間、ありがとうございました。

 

 

TOPへ戻る