KeePer TOM’S RC Fポール TO ウィンで最終戦を飾る!Rd.8「MOTEGI GT 250km RACE

 
 

2015 SUPER GT 第8戦 「MOTEGI GT 250km RACE」ツインリンクもてぎ

決勝:11月15日(日)コースコンディション:Wet→Dry

 

2015年シーズンの締めくくりとなるスーパーGT第8戦が11月14日から11月15日の二日間に亘り、栃木県茂木町のツインリンクもてぎにおいて開催された。
37号車KeePer TOM’S RC Fはポールポジションからスタートし、途中、セーフティカーが入って再スタート時に順位は落としたが、43周目に平川亮選手の怒涛のファイトで1位に返り咲き、開幕戦の岡山大会以来、最終戦を優勝で飾って2015年のシーズンに幕を閉じた。

 

 

《11/14 予選》

 

初冬の冷たい雨が降る14時20分。Q1の予選が始まった。ステアリングを握るのはアンドレア・カルダレッリ選手。この最終戦は全車ノーハンディキャップで戦われる。開幕戦と同じ状況となる。KeePer TOM’S RC Fは開幕戦でポールポジションを獲得して優勝している。開幕戦での闘いが頭を過る。Q1開始早々にカルダレッリ選手はコースに飛び込む。タイヤを温めて徐々にアクセルを踏み続ける。計測開始3周目、1’48.501のタイムを刻むと、コース上の雨脚が強まる。決して納得のできるアタックではなかったため、再度アタックするものの、雨脚が強い。結局、3周目のタイムを上回ることができなかったものの5番手でQ2へ進む。
15時05分、Q2が開始される。やはり雨が降り続いている。気温13℃、路面温度15℃と寒さも変わらない。ステアリングを握った平川亮選手はタイヤを温めながら、前を走るマシンとの距離を広げつつアタックチャンスを狙う。3周目、1’49.738という驚異的なタイムでリーダーズボードのトップに躍り出る。まだアタックを続けるマシンは多い。しかし、Q2終了までそのトップの座を譲ることなく、開幕戦以来となるポールポジションを獲得した。

 

 

 

《11/15 決勝》

 

スタート直前まで降っていた雨がパレードラップ時にはすっかり上がり、青空が望めるまで天候が回復しつつある中、13時48分、2015年シーズンを締めくくるスーパーGT第8戦がスタートを切る。37号車KeePer TOM’S RC Fのスタートドライバーはアンドレア・カルダレッリ選手。雨が上がったとはいえ路面は十分濡れているために全マシン、レインタイヤを装着してのスタートとなる。KeePer TOM’S RC Fはトップをキープしたまま後続の64号車を引き離しにかかる。10周を過ぎた辺りから路面は乾き始め、コース上に一本の乾いたラインができ始める。23周終了時点で後続に3.475秒の差をつけてルーティンのピットイン。平川亮選手にドライブを交替し7位でコースに復帰。まだタイヤ交換をしていない64号車に続いて2位で走っていた27周目、メインストレートで接触事故が発生してパーツが散乱し、その回収のためにセーフティカーが導入される。32周目に再スタートが切られた直後、KeePer TOM’S RC Fは周回遅れを抜きにかかった瞬間、後続の1号車に抜かれ2位に後退する。それでも1号車の後ろにぴったりと付き周回を重ねて抜き返す機会を窺う。39周目の最終コーナーで1号車を抜きにかかるが300クラスのマシンに行き手を阻まれて4位まで後退したが、それで平川選手の闘志に火が付き、怒涛の追い抜きで2位まで順位を挽回し1号車の後ろに付く。闘志は衰えることなく、42周目に300クラスのマシンを利用して1号車を交わす。トップの座に返り咲いたKeePer TOM’S RC Fは1号車と熾烈なバトルを演じながらも53周を走り切り、開幕戦以来となる優勝を飾って2015年度のシーズンに幕を閉じた。

 

TOPへ戻る