引地裕美 – 富士レポート

はい、みなさん〜こんにちは!!♡

2021 KeePerエンジェルズの引地裕美です。

先日5月3日、4日はSUPER GT 第2戦 富士スピードウェイが開催されました!


予選日のお天気は晴れ。

ゴールデンウィークに開催される春富士は気温も暖かくなってきて日差しがジリジリ肌に刺さる感覚が懐かしく、
コロナ禍になる前からお客さんがたくさん入りGTの中でもとても盛り上がるレースだったので今年開催された事が嬉しかったです(*´ー`*)



前回開催した開幕戦岡山での結果により、
37号車のサクセスウェイトは24kgでした。

Q1は平川選手が担当しました!
4番手のタイムで突破し、Q2を阪口選手へバトンを繋ぎました。
Q2は5番手のタイムでチェッカーを受けました!

決勝日もお天気は晴れ。



富士山がとても綺麗でした(*´ω`*)


スタート進行で500クラスの初めてのグリットボードを担当させていただきました!



今回、ピットビューイングが開催されたので何度かグリットに入れる機会があり、
グリットに入る度にKeePer応援席に手を振りましたがその度にみなさん気づいて振り返してくれて嬉しかったです!ありがとうございます♡







ついに決勝がスタート!

今回は500kmで110周という長いレースです。
スタートドライバーは平川選手が担当しました。


スタートして1つ順位をあげて37号車は4番手にあがりました。
3周目で早くも他チームのマシンから白煙が上がりセーフティーカーが入り、7周目にレースが再開しました。

32周目で他チームのマシンのタイヤバーストし、メインストレートで長い時間コロコロと転がっていました。
たくさんのマシンがその横を避けながら通過していて、危ないと思っていたらフルコースイエローが入りました。

今回初導入のフルコースイエロー!
80kmが制限速度となり追い越しは禁止です。ピットクローズにもなりピットインが出来なくなります。

33周目でレースが再開。
今回のレースの1/3となる36周目で他チームが続々とピットインする中、37号車は41周目でピットインしドライバーが阪口選手と交代し、7番手でレースに戻りました。

48周目で2度目のフルコースイエローが入り、50周目でレースが再開しました。

半分の65周で37号車6番手を走行。

80周目でピットインしドライバーは平川選手と交代し、6番手でレースへ戻りました。

94周目に他チームのマシンが止まり、97周目に3度目のフルコースイエローが…!

フルコースイエローが出たタイミングで追い越しした他チームにドライブスルーペナルティが出ていました。
そして99周レースが再開しましたが、フルコースイエローで他チームがスロー走行していました。

レースの終盤にして突然レース展開がガラッと変わり37号車4番手へ。そこからは平川選手がもの凄いスピードで前との差を詰め始めました!!
1周ごとにどんどん差を詰めていき、私たちもテンションが上がってしまいテレビの前に張り付いて祈るばかり。。。

ラスト3周で前のマシンを抜いて3番手へ!!!

そしてそのまま3位でチェッカーを受けました!!!






凄すぎる…(*´Д`*)!!!

前回の岡山でも3位表彰台でしたが、悔しい気持ちでの表彰台でした。
今回の3位表彰台は前回とは違い、大喜びでの表彰台でした!







今回のレースは500kmという長いレースでたくさんのマシンが止まってしまっている姿を見ました。

今回初導入のフルコースイエローで追い越し禁止のドライブスルーペナルティが出たり、速度制限されてしまい、500kmレース終盤はもう気温も低くタイヤが冷えている状態でのレースが再開しスロー走行するチームがあったり…
逆にフルコースイエローのお陰で燃料を維持できて助けられたチームもありましたね。


長いレースの中で37号車は今回トラブルも見受けられることなく、最後はどんどん前とのギャップを埋めて
平川選手がチームベストタイムを出すなど、チェッカーまで強く走り切ってくれました!

今回も37号車はとてもかっこよく、とても楽しいレースを見せてくれました!!!



次戦は鈴鹿サーキットです!
次は優勝を見せてくれると信じて。
37号車の応援をよろしくお願いします!

 


2021KeePerエンジェルズ
引地裕美

キーパーエンジェルスレポート
2021 series
    2020 series
      2019 series
        2018 series
          2017 series